防犯性に優れている

大きなドア

防犯性の高いイモビライザーキー

イモビライザーキーとは、防犯性の非常に高い車の鍵のことです。従来の車は、鍵がなくても窓の部分から細い棒状の器具を差し込むことで、ドアを開閉することが可能でした。さらに合鍵も作りやすかったため、盗難に遭う可能性がありました。しかしイモビライザーキーが搭載されている車は、棒状の器具ではドアを開閉することができませんし、合鍵も簡単には作ることができません。イモビライザーキーに登録されているIDコードと車両に登録されているIDコードとが一致しなければ、ドアの開閉もエンジンの始動もできないシステムになっているのです。しかしイモビライザーキーでも、専門の技術を有する業者に依頼することで、合鍵作成をしてもらうことは可能です。インロックや紛失をしてしまった場合でも、新しく鍵作成をしてもらうことができるので安心です。

合鍵作成および新しく作成してもらう際の費用

イモビライザーキーの合鍵作成は、もとの鍵に登録されているIDコードをコピーするだけで作ることができます。そのため専門業者に依頼した場合にかかる費用は、5千〜1万円ほどです。しかし新しく鍵作成をしてもらう場合には、もとの鍵がないわけですからコピーはできず、新しいIDコードを登録することになります。まずは車両に登録されているIDコードをリセットし、その上で新しいIDコードを登録し、そのIDコードで新しいイモビライザーキーを作ることになるのです。手間がかかるため、その分費用も多くかかります。平均的な費用としては、2万〜4万円です。また、その車のメーカーの純正品として作ってもらうことも可能です。その場合は、費用は5万円ほどかかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加